デメリットは?

弁護士に依頼をすることで感じられるデメリットですが、一般的に思われているのは着手金や報酬が高いという点です。着手金はそれぞれの事務所によって金額は異なりますが、報酬よりもずっと低額ですし、また事務所の中には無料になっているところもあります。

ただ報酬は高額になることがあるものです。そのため依頼をすると高額な報酬を支払わなければならないと思われています。しかし後遺障害認定されるようなケースでは、自分で保険会社に依頼するよりも弁護士に依頼をした方が得られる示談金が高額になりますし、また報酬を支払っても最終的に受け取る金額は大きいものなのです。

弁護士に依頼をすると時間がかかる場合があります。特に裁判を行うようなケースではより時間がかかる場合も多いものです。しかし受け取る金額を考えると裁判を起こした方がはるかにメリットがあると思われます。

時間的な点は確かにデメリットに感じられるかもしれません。

しかし最終的に示談金を受け取ったら弁護士に依頼をしてよかったと思うものです。後遺障害認定を受けた場合には弁護士に依頼することを念頭に置いて、まず無料の相談を行ってみるといいでしょう。相談は多くが無料なので、単に事務所に行くだけなら安心です。

交通事故と弁護士相談