交通事故と弁護士相談

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故に不幸にも遭ってしまい、通院や入院をした場合には一旦治療が終了した時点で後遺障害の認定を受ける作業を行ったり、また示談交渉を行ったりします。いずれにしても最終的には相手方の保険会社と示談交渉を行いますが、保険のプロと交渉を行う際にはスムーズにことが運ぶことはあまりないものです。それは保険会社に丸め込まれたり、一般に交通事故被害者は素人であるため、適当に交渉をされてしまったりするからです。

交通事故の示談交渉を直接保険会社と行うと、一般には低額の示談金を提示されてしまいます。中には低額の示談金で応じて終了してしまうこともあるものです。自分で示談交渉を行うと損をすることが大きいものですから、特に示談金が高額になるようなケースでは直接保険会社と行わずに、代理人として弁護士に依頼をした方が結果として当初よりもはるかに高額な示談金を手に入れることできるものなのです。後遺障害の上位の等級を獲得するような場合では弁護士に依頼をすることで驚くほど高額の示談金を得ることができるものです。

弁護士に依頼をすると着手金や報酬がかかるのでためらう方もいるものです。一般には弁護士に依頼をする場合の着手金や報酬が高いと思われていますが、それを支払っても結果として受け取る金額ではメリットが大きいので、場合によっては依頼をした方がいい場合も多くあるものです。このサイトでは弁護士に依頼をした場合のメリットについてお伝えしています。

Published by