相談するメリット

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

後遺障害がない場合、示談金は低額になることが多いものです。しかしそれでも弁護士に依頼をすることで思ったよりも高額の示談金を得ることができます。示談交渉を行う際には金額的な面だけではなく、精神的なストレスでもメリットを感じることができるものです。直接保険会社と示談交渉を行うと失礼な言動を取られることもあり、ストレスを大きく感じてしまいます。しかし代理人として弁護士に依頼をすれば代わりに示談交渉を行ってくれるのでストレスや時間的な無駄を感じることがありません。

後遺障害認定された場合、されない場合に比べてはるかに高額の示談金を得ることができるものです。特に上位の等級を獲得した際にはより一層高額の示談金になります。しかし高額の示談金も裁判を行い、弁護士に代理人になってもらわないと得ることはできないものです。そのため後遺障害認定された場合、多くは弁護士に依頼をした方がはるかにメリットを得ることができます。

自分の過失が大きく、また後遺障害認定されなかった場合は弁護士に依頼をしてもメリットは感じられませんが、それ以外のケースでは十分にメリットを得ることができるものです。弁護士に依頼をすると大げさだと思う方もいますが、今の時代では多くの方が依頼をしているので特に大げさなものではありません。

Published by